アクセスカウンタ

きもの帖・・月は何処・・

プロフィール

ブログ名
きもの帖・・月は何処・・
ブログ紹介
大好きな着物と猫と旅とetc。。。について綴ります。
着物日記。。。宜しくお願いします。

欠けてもまた、満ちる月の力を。。
Power of the moon which is full again
even if missing .

moonstruck(R子)

R_ko Instagram
zoom RSS

着付教室を始めました*I started the kimono dressing class.

2015/03/08 00:51
こんにちは

大阪市住之江区の自宅で着付け教室を始めました。

画像画像

全てのお稽古は、一回2,000円です

基本は、10回のお稽古ですが、お好きな回数を受講しても構いません。

個人レッスンです。
回数に合わせてお教えします。


※こんな方もどうぞ
  ⇓
* 手持ちの着物が着たい
* 母・祖母の古い着物が着たい
* お出かけに訪問着が着たい
* 家にある着物と帯の組み合せが分からない
* とりあえず着物の事で相談したい


HPを作成しました。I made a homepage.
  ⇓
http://www.geocities.jp/kimono_rur/

宜しくお願い致します。

HPよりご連絡頂けますし

こちらからもお問合せ下さい。
  ⇓
http://shuminavi.net/school/kimono_rur/


※※ 振袖の着付けも伺います ※※

ご自身の振袖着物でも、当方の振袖をレンタルされても構いません。

雨の日は、化繊の振袖もご用意しております。

結婚式の御呼ばれ等にも、振袖での出席は、喜ばれます。

お気軽にお問合せ下さい。


=======================================
I beg you will excuse my poor English.

I started a kimono class at home of Osaka JAPAN.
Even a foreign person can give lessons in it.
Best regards.
(I put the explanation of the English sentence too. ⇩⇩⇩The lower column's.)
=======================================

※ 基本は、下記の10回のお稽古ですが、お好きな回数を受講して結構です

第1回 下着、長襦袢(ながじゅばん)の着方

着物を着る為に必要な道具類、補正に必要なものなどを確認します。
肌襦袢(はだじゅばん)、裾よけ(すそよけ)、足袋など、下着類から
長襦袢をきちんと着用するまでのお稽古です。
着物の部分名称も確認しましょう。

第2回 着物の着方 @

下着、長襦袢の着方など、前回の復習もします。
繰り返し、お稽古しますので、忘れていても大丈夫です。
長襦袢をきちんと着用出来れば、着物は意外と簡単に着られます。
着物を着てみましょう。
着物の畳み方もお稽古します。
着物の種類、帯の種類、合わせ方を確認します。

第3回 着物の着方 A (体型補正)

体型の補正をしてみましょう。
タオルでの補正後に着物を着てみます。
今までのお稽古の疑問点も、おさらいします。
TPOに合わせた着物、季節に合わせた着物を確認しましょう。

第4回 着物の着方と半幅帯結び

下着、長襦袢、着物の着方など、前回の復習もします。
解らない点を確認しながら進めますから、大丈夫です。
帯結びのお稽古です。 半幅帯結びを、練習します。
帯揚げ、帯締めは不要の、帯だけの結び方です。
体型に合った形や、結びたい形を練習します。
襦袢、着物から半幅帯まで、全てお手持ちのものを持参頂ければ
着物姿でもお帰り頂けます。
(その際は、草履と着用して来られたお洋服類のお荷物入れもお忘れなく)

第5回 名古屋帯のお太鼓結び @

着物まで復習しながら着用します。
名古屋帯で、一重太鼓を、道具を使わずに手結びします。
帯の種類を確認します。
帯の畳み方も練習しましょう。

第6回 名古屋帯のお太鼓結び A

着物まで復習しながら着用します。
名古屋帯の一重太鼓、前回の復習と続きです。
解らない点を確認しながら進めますから、大丈夫です。
帯揚げや帯締めの種類、帯留めなどの小物も確認しましょう。

第7回 名古屋帯のお太鼓結び B

着物まで復習しながら着用します。
前回の復習と続きですが
お手持ちの結びたい名古屋帯があれば、お持ち下さい。
履き物の種類や合わせ方を確認しましょう。

第8回 着物から帯までの着用 @、角出しの結び方

全体的な復習です。
解らない点を確認しながら、美しい着姿を目指しましょう。
名古屋帯で一重太鼓の他に、角出しも練習します。

第9回 着物から帯までの着用 A

時間を計ってみましょう。
着物でお出掛けする場合、時間の計算は大事です。
着物の着付けのお稽古は、今回で最後です。
疑問点や不明な点も解決しましょう。

第10回 浴衣の着方、半幅帯、兵児帯の結び方

浴衣を着てみます。
半幅帯、兵児帯を浴衣に結んでみましょう。
お手持ちの浴衣、半幅帯、兵児帯があれば、お持ち下さい。


※ 以上で初心者の着付けのお稽古は、終了です。
  お出かけの時に、気軽に着物を着る事が出来ますね。
  少し間が空くと、着方を忘れてしまいますし、また、何度も着ているうちに
  自分に合った着物の着方、着物の種類、帯結びが解ってきますので
  機会が有れば、度々楽しく着物を着て下さい。

*** 持ち物 ***

全てお貸ししますので、手ぶらでお越し頂いても大丈夫です。
直接肌に触れる肌襦袢など、洗濯済みですが新品ではありませんので
お嫌な方、お手持ちの物を使いたい方は、ご自身でお持ち下さい。


*** 着付けに必要なもの(参考のため) ***

 ・着物 ・長襦袢(半衿付) ・肌襦袢 ・裾よけ ・足袋
 ・衿芯 ・伊達締め(染め) ・伊達締め(織り) ・腰ひも5本
 ・半幅帯・名古屋帯 ・帯板 ・帯枕 ・帯揚げ ・帯締め
 ・タオル(旅館にあるような薄手の安物で結構です)3枚
 ・着付けピンチ(洗濯ばさみ)3個


 一通り習得してから、ご自身で購入されても構いません。
 購入先等も、お気軽にご相談下さい。


※ 当方より、着物や帯などの商品をお売りするような事は、
  一切ございませんので。ご安心下さい。

* 着付けのお稽古

初心者や着方を忘れた方のためのお稽古です。

全部で10回、1回90分間のお稽古ですが、お好きな回数を受講下さい。

ご都合の良い時間に、ご予約下さい。

【 2,000円/1回 】


出張でのお稽古も、ご相談下さい。

【 2,000円/1回  *交通費実費 】


* 着付けのお稽古・中級

  (自分で着物を着られる方が対象です)

留袖、訪問着など、フォーマルな着物の自装着付けのお稽古です。

袋帯で二重太鼓を結びます。

【 2,000円/1回 】


* 浴衣のお稽古

浴衣を着てみたい方のお稽古です。

着物が着られなくても大丈夫。

半幅帯、兵児帯を結びます。

【 2,000円/1回 】

* おさらいお稽古

もう一度おさらいしたい方の為のお稽古です。

【 2,000円/1回 】

※※ お稽古される方に合わせて、ゆっくり進めて行きます

 お気軽にお稽古しにいらして下さい。 ※※

=======================================

ISHIBASHI-YA KIMONO dressing classroom

*** It takes three minutes on foot from the subway
Yotsubashi Line "Kitakagaya" station OSAKA JAPAN ***

All lessons are 2,000yen once.
The lesson is 90 minutes per session.
You can attend as many times as you like.


※I beg you will excuse my poor English.

【Lesson of the dressing of the KIMONO】

*It is the lesson for beginners and for the person who forgot way of wearing kimono.

Part 1: How to wear the underwear and the long undergarments.

We confirm necessary things to wear a kimono.
First lesson is how to wearing a long undergarment(Nagajyuban).
Let's learn to wear a Japanese-style undershirt (Hadajyuban),
hemproof (Susoyoke), a tabi, underwear.
Let's confirm the partial name of the kimono.

Part 2: How to wear kimonos @

We do the review (how to wear underwear,long undergarments) of Part1.
We practice it repeatedly, it is all right even if you forgot it.
The kimono is easily worn if you can wear a long undergarment properly.
let's try to wear a kimono.
And we learn how to fold a kimono.
We confirm the kind of the kimono, the kind of the obi.
Let's confirm the coordinates of a kimono and the obi.

Part 3: How to wear kimonos A

We review the last time lesson.
This time, after having revised your body with a towel,
let's try to wear a kimono.
We review the questionable point of the conventional lesson.
Let's confirm a kimono with a season and the scene.

Part 4: How to wear kimonos and tie up the half-breadth sash.

We revise the last time lesson.
( how to wear underwear, long undergarment, kimonos)
Because I do a lesson in accord with your speed, it is all right.
Lesson to tie the obi.
let's learn a method to link the half-breadth sash.
We practice the form of the obi in accord with your figure
and the form of the obi which you want to tie.
You can return in a kimono if you bring your own kimonos.
(In that case, please do not forget a bag to carry your clothes home.)
(And please bring the kimono sandals to.)

Part 5: How to tie the Nagoya style sash(Nagoya-Obi) @

Let's review to wear a kimono.
With a Nagoya style sash, we tie up a style of Hitoe-taiko by hand.
(We do not use the tools for tying obi.)
We confirm the kind of the obi.
And let's learn how to fold obis.

Part 6: How to tie the Nagoya style sash(Nagoya-Obi) A

Let's review to wear a kimono.
We tied the Nagoya style sash and do the review.
Because I do a lesson in accord with your speed, it is all right.
Let's confirm the accessories, the kind of an obi bustle,the obi cord,
and the obi buckle.

Part 7: How to tie the Nagoya style sash(Nagoya-Obi). B

Let's review to wear a kimono and we advance to the next.
You can tie your own Nagoya style sash if you have yours.
Let's confirm a kind of the footwears too.

Part 8: How to wear kimono and obis @

Let's review all of lessons.
And let's check a point not to understand.
By a Nagoya style sash, we tie the obi form of Tsunodashi

Part 9:How to wear kimono and obis A

We will measure time to take to wear a kimono.
When we go out in a kimono , the calculation of the time to take is important.
This is the last lesson of how to wear kimono.
Let's solve a questionable point.

Part 10: How to wear a yukata.

Let's wear yukatas.
We tie up a half-breadth sash or a Heko-obi to Yukata.
If you have a yukata and a half-breadth sash or a Heko-obi, you bring yours.


※ With the above a lesson of how to wear the kimono is the end.
  You can go out with a kimono!
  When an interval becomes vacant a little, we forget how to
   wear a kimono.
  But when you wear a kimono many times, you can understand
  how to wear kimonos which matched oneself.
  If you have an opportunity, please wear a kimono happily.
  And you can teach somebody how to wear kimonos.
  I appreciate you love kimonos♪


*** things to bring ***

Because I lend it all, it is all right even if you come empty-handed.
The Japanese-style undershirts touching the direct skin have been washed,but are not new.
If you don't want to use that, please bring your things.


*** necessary things for wearing a kimono (for reference) ***

 ・Kimono ・Nagajyuban(with Haneri(Thing with the decorative collar))
 ・Hadajyuban ・Susoyoke ・Tabi
 ・Erishin ・Datejime(Some(it is dyed)) ・Datejime(Ori(It is woven))
 ・Koshihimo(five strings) ・Hanhaba-obi ・Nagoya-obi ・Obiage
 ・Obijime ・three pieces of Face towels(a thin cheap thing is finel)
 ・three pieces Pinchs for the dressing of the kimono(or Clothes pins)

You can borrow that all.
After having learned dressing of the kimono,
it is better for you to buy that.
If it is difficult to buy that in Japan,please ask about the purchase.
There is not it at all, as for performing selling of the products
such as a kimono or the obi from us, don't worry.

** Lesson of the dressing of the kimono

* The lessons are for beginners and the persons who forgot
how to wear the kimono.
These are ten times lessons in total. It is a 90minutes lesson at one time.
Please make a reservation at the time when you are convenient.

【 2,000yen / 90minutes 】

* You can take a lesson at home, too.
   (transportation expenses are necessary)

【 2,000yen / 90minutes 】


** Lesson of the Yukata

Lesson to wear a yukata.
We tie up a half-breadth sash or a Heko-obi.

【 2,000yen / 90minutes 】


** Lesson once again

Lesson for you who want to learn once again.
It applies to the person who has learned it here before.

【 2,000yen / 90minutes 】


I perform a lesson slowly. Please come easily♪

Thank you :))


記事へトラックバック / コメント


最後に・blog本作成に挑戦中

2014/11/30 23:18
と言う訳で
ブログは終わりましたが
せっかくなので
本にしてみようかと
画像



しかし、最初の頃の着付けの酷さ
よくもまぁ、ネットにさらしたものだと

良い思いでとして
老後の楽しみとして
(もう老後にかかっていますが(笑))
残してみようかなと思いました

当初は、タグの使い方も
解っておらず、スペース多用。。。
一から見直して編集中です

完成が楽しみです

2014年12月吉日

記事へトラックバック / コメント


番外編*タイ・カンボジア(2009年1月)(2)

2014/11/30 23:17
憧れのアンコールワットです

(記憶が曖昧なので
説明、解説不足です
申し訳ありません)

ホテルはフレンチ風
すごくおしゃれ
画像

画像

お部屋です
画像

まずは
アンコールトム・バイヨン
画像

画像

三つのお顔が見られる
有名な撮影場所から
画像

2009年の私(笑)
画像

感動的な石像の数々
画像

画像

確かこれ
たったひとつ
微笑んでいる彫刻像
画像

素晴らし過ぎます
画像

アルカイックスマイル
画像


見えて来ました
アンコールワット!!
画像

希望者で来ました
会社の旅行です
社長とみんな
画像

あぁ、ついに
この場所に来た!
って感じでした
画像

素晴らしい
石像彫刻の数々です
画像

画像

神殿の頂上
画像

画像


バンテアイ・スレイ
画像

画像

画像


******
画像

画像

カンボジアの街中
画像

フレンチ風なカフェ
画像


湖もありました
画像


タ・ソム
画像

画像


******
画像

画像


タ・プローム
画像

遺跡と樹木が
一体化しています
画像

画像

画像

画像

樹木の力
凄いですね
画像

画像


あっと言う間の弾丸ツアーでした
空港でパチリ
画像

私の隣に
カンボジア人のガイドさん
上手な日本語の
とても純朴な青年でした
お家は、電気も無い
高床式だと言ってた…
文化の違いに驚きました
いつか日本に来たいと
言っていたけれど来れたのかなぁ

アンコールワット
感動の夜明けです
早起きして
みんなで見に行きました
画像

画像


残しておきたい旅だったので
最後にまとめました

記事へトラックバック / コメント


番外編*タイ・カンボジア(2009年1月)(1)

2014/11/30 23:13
お勧め海外です
2009年に行った
タイとカンボジア
かなり、感激しましたので
写真を残します

まず、タイから入りました
数年前、水害にあったアユタヤ遺産
画像

マハタート寺院
菩提樹に包まれた仏頭
画像


ヤイチャイモンコン寺院
涅槃像
画像

「チェディ」スリランカ式の仏塔      
修学旅行生(風)が多勢居ました
画像

かなり大きい像です
画像

大寝釈迦仏
画像

画像

バンパイン宮殿
画像

画像

木が象さんに刈ってある
画像

象さんに乗って、ひと周りです
画像

ワットプラケオ(王宮)
〜エメラルド寺院
画像

画像

画像

画像

画像

画像

とにかく、全部キラキラ
でも、全くイヤらしくなかったです
画像

チャックリーマハープラサート宮殿
画像

画像

画像

タイと言えばニューハーフのみなさま
お美しや
画像

弾丸観光ツアーで
どんなホテルに泊まったかも
思い出せないくらい、
寝るだけの滞在でした…
朝7時ロビー集合、みたいな
確か、立派なホテルだったような。
早朝過ぎて、誰も居ない
画像

すごぉく広いお部屋でした
画像

ホテルの窓から
画像

タイ空港。。。
画像

いよいよ、アンコールワットへ〜


記事へトラックバック / コメント


『しまかぜ&トワイライトエクスプレス』その4

2014/11/08 00:21
レストランカーへ移動です
画像


画像

フレンチの
ランチコースです
画像

わくわく〜
画像

しばし、お付き合いを
画像

前菜
画像

スープ
画像

パン
画像

お肉
画像

サラダ
画像

デザート
画像

コーヒー
画像

堪能しました
ごちそうさまで
ございました

列車内をご紹介
Bコンパートメント
画像

サロンカー
画像

こちらは
もう一部屋の
スイートルーム
(お願いして
見せてもらいました)
画像

最後尾なので
ずっと線路が見えています
画像


お部屋に戻って
トンネル中〜
画像

太平洋が続きます
画像

日が傾いて来ました
画像

梅林の南部駅
画像

停車駅では
スマホをかざして
写真を撮る人が多く居ました
学校から手を振ってくれたり
河川では、大きなカメラで
狙っている人もたくさん居て
面白かったです

みかん畑や
風車が見えます
画像

和歌山が近付いて来ました
画像

あっと言う間の
列車旅でした
画像

到着しました
こちら最後尾です
画像

名残り惜しい〜
画像

私たちは
反対側ホームへ
「くろしお」に乗り換えて
大阪へ帰ります
画像

ホームには
写真を撮る人が
いっぱいです
画像

さようなら
エクスプレス〜
画像

『しまかぜ』と
『トワイライトエクスプレス』
の楽しい旅でした

*********************

さてさて、みなさま
私、ここで一旦
このブログを
終わろうと思います

いつも訪ねてくれて
記事を読んで頂いて
ありがとうございました

インスタグラムには
写真をポストしていきますので
もし宜しければ
覘いて下さい
画像

つたない文章に
毎回お付き合い頂き
感謝いたします
誠に
ありがとうございました
どなたさまも
お体にお気を付けて
お過ごし下さい

*********************

記事へトラックバック 0 / コメント 4


『しまかぜ&トワイライトエクスプレス』その3

2014/11/08 00:16
朝です
この日も少し
曇り気味でした
画像


朝風呂るんるん
また温泉に入ったら
ホテル浦島をあとに
画像

少し晴れてきたかも
カメさん、またね
画像

勝浦港です
画像

紀伊勝浦商店街の
柑橘類のお店
以前に訪れた時にも居た
看板にゃんこの
チビちゃんを
お母さんに連れて来て
もらいました
画像

まだ飾ってあった〜
画像


はい、列車の時間です
北海道行きとは
違うお顔で、ちと残念
ですが
トワイライトエクスプレス〜!
画像

このさいだから
パチリ(笑)
画像

おぉ〜
画像

おぉ〜
画像

もう、こうなったら
パチリ
画像

何と何と
A個室スイート〜!
(1列車にたった2部屋ですよ)
画像

(近鉄上本町駅の親切に
担当してくれたお姉さん
本当に、ありがとう!)

お・へ・や
画像

室内です
画像

ベッドとソファ
TV画面もあります
(映画を上映)
画像

シャワーもトイレも
お部屋にあります
数字はシャワーが
使用出来る残りタイム
画像

念願の
トワイライトエクスプレスに
乗れました
画像

ランチタイムにつづく。。。
記事へトラックバック / コメント


『しまかぜ&トワイライトエクスプレス』その2

2014/11/05 23:55
いよいよ正宮に
近づいて来ました
画像


正宮は撮影禁止なので
石段の下からの
撮影です
画像

せっかくなので
パチリ
画像

拝礼を済ませて
帰り道です
画像

神楽殿や
いくつかの建物が
並びます
画像

画像

画像

伊勢に到着した時は
少し雨模様でしたが
青空になりました
画像

画像

画像

森林浴も満喫
画像

画像

美しい池がありました
画像

せっかくなので
ここでもパチリ
画像

美しかったです
画像

途中
能舞台もありました
画像

お参りは終わりです
画像

宇治橋から
画像


『おかげ横丁』は超満員
赤福本店も人がたくさん
並んでいました
画像


これからバスで
紀伊勝浦へ
すっかり日も暮れました
送迎船はカメさん
画像

『ホテル浦島』が見えています
画像

到着〜
画像

歓迎の太鼓〜
画像

お部屋です
画像

窓の向こうは
紀伊勝浦温泉街
画像

おやすみなさい〜
つづく。。。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

*****************
★My Instagram★ Instagram
*****************
** moonstruckより **

♪♪ お知らせ ♪♪

着付け教室を
 始めました!
HPより問合せ
 頂けましたら
  幸いです。

★★★★★★

*****************
きもの帖・・月は何処・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる